GYMメディカルクリニック

子宮筋腫 UTERINE FIBROID 

目次


このページについて

このページは子宮筋腫の原因や症状、治療法をご案内するページです。

生理が重たいのは子宮筋腫?

生理が重たいのは子宮筋腫?

便秘や生理痛が続くことがありますが、これって子宮筋腫の可能性はありますか?

子宮筋腫の疑いもあります

多くの場合、無症状の場合もありますが、筋腫ができている場所によっては月経過多、便秘や頻尿の症状が現れます。

子宮筋腫の疑いもあります

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、子宮を構成している筋肉組織にみられる良性の腫瘍です。子宮筋腫は決して珍しくない腫瘍です。小さなものまで含めると、30歳以上の女性の約20~30%に見られ、特に40代以上で多くなります。

子宮筋腫は大きくても自覚症状がないものもありますが、子宮筋腫ができる場所によっては、小さくても過多月経や貧血の原因となったり、治療が必要なケースもあります。

また、不妊や流産の原因になる事もあります。定期的な子宮頸癌検診と合わせて、超音波検査を受けていただくことで、子宮の状態を常にチェックしていくことが非常に大切です。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状

子宮筋腫があっても症状のない場合もありますが、子宮筋腫ができる部位によって過多月経や貧血が起こることがあります。子宮筋腫が大きくなると、子宮の前にある膀胱を圧迫して頻尿になったり、子宮の後ろにある腸を圧迫して便秘になる事もあります。

また腹部膨満感や腰痛や腹痛がでる事もあります。心当たりがある方は子宮筋腫の可能性があります。下記のセルフチェックを参考にしてください。

  • 生理痛が重くなってきた
  • 下腹部痛、腰痛がある
  • 生理時の出血が多くなってきた
  • 下腹部にしこりや圧迫感を感じる
  • 貧血や動悸、息切れや立ちくらみがある
  • 性交時に痛みを感じる
  • レバーのような血の固まりが出る
  • 避妊しているわけではないがなかなか妊娠しない
ポイント

これらの症状が当てはまった場合は子宮筋腫の疑いがあります。GYNメディカルグループでは早い段階から婦人科で診断することを推奨しております。


子宮筋腫の種類

子宮筋腫は発生する場所により、筋層内筋腫・漿膜下筋腫・粘膜下筋腫の3種に分類されます。

漿膜下(しょうまくか)筋腫

漿膜下(しょうまくか)筋腫

全体の約20%を占めているのが漿膜下(しょうまくか)筋腫です。子宮壁の最も外側に形成されます。外に向かって成長していきます。他の筋腫と異なり、過多月経や貧血などの症状が現れないため、気が付きにくいのが特徴です。筋腫が大きく成長すると、膀胱や直腸などの、臓器を圧迫し、頻尿や便秘を起こすケースがあります。

筋層内筋腫

筋層内筋腫

子宮筋腫の中でも全体の70%を占めていて、一番多い筋腫です。子宮壁を構成する平滑筋という筋肉組織にできる筋腫で、小さい状態のものなら自覚症状はありませんが、腫瘍が大きくなると、過多月経、不正出血、月経困難症、流産や早産の原因になる事もあります。筋腫が大きく成長すると、膀胱や直腸などの、臓器を圧迫し、頻尿や便秘を起こすケースがあります。

粘膜下筋腫

粘膜下筋腫

全体約10%を占めているのが粘膜下筋腫です。子宮の内側に向かって腫瘍が形成されます。過多月経の原因となります。さらに、受精卵が着床しにくくなり不妊症の原因になる場合もあるので注意が必要です。

診断の流れ

子宮筋腫の診断には、問診・内診、超音波検査などを総合して行います。

01問診

現在感じられている身体の異変や自覚症状などを細かくお伺いいたします。

問診

02内診

性交経験のない方や内診が難しい方の場合は内診は必須ではなく、お腹の上からの経腹超音波検査や、肛門からの経直腸超音波検査で診断します。

内診

03超音波検査(エコー検査)

経腟もしくは経腹にて超音波検査をすることで筋腫の大きさや場所を評価します。

超音波検査(エコー検査)

大きな筋腫や手術を検討する場合にはMRI検査をすることもあり、その場合には高次医療機関をご紹介いたします。

子宮筋腫が見つかった場合

腫瘍が小さく、症状が特に現れていない場合は治療の必要がありません。定期的な検査で経過を見ていく必要があります。治療は外科的治療(子宮全摘術など)と内服治療が一般的です。

当院では、その方の子宮筋腫や症状に合わせて、ピル、偽閉経療法、MEA(子宮内膜焼灼術)などをご提案できます。その適応にならないような大きさや症状のある子宮筋腫の方は、手術の可能な医療機関にご紹介が可能です。

子宮筋腫が見つかった場合

治療の手順と方法 

治療の手順と方法 

薬による治療

ホルモン療法

低用量ピルの内服や、ミレーナ®(子宮内黄体ホルモン放出システム)、Gnアゴニスト内服が一般的です。

01 低用量ピル/超低用量ピル 

低用量ピル/超低用量ピル 

エストロゲンとプロゲステロンを配合した排卵を抑えるホルモン剤です。症状の改善に効果がありますが、多少の副作用が起こる場合があるので、医師の指導のもと服用する必要があります。


02 ミレーナ(子宮内黄体ホルモン放出システム)

ミレーナ(子宮内黄体ホルモン放出システム)

黄体ホルモンが付加された子宮内避妊リングです。この黄体ホルモンが子宮内膜を薄くすることで子宮からの出血を減らし、子宮筋腫による過多月経の症状を改善させ、子宮内膜症の予防も期待できます。(子宮筋腫の部位や大きさによってミレーナ®の適応にならないことがあります。)


偽閉経療法

01 GnRHアゴニスト

1ヶ月に1回の注射剤です。一般的に投与2ヶ月目から効果が出る事が多いです。月経が開始してから医療機関に受診して注射をする必要があるので、月経時期に合わせて受診が必要です。1回目の注射をした後は出血に関係なく、おおむね4週ごとの注射になりますが、毎月の注射のために通院の必要があります。

しかしその代わり毎日服用をしなくて済むので内服が苦手な方には向いています。ただ、注射で1~2ヶ月効果の持続する薬なので、副作用のために中止をしても副作用がすぐに改善されにくいデメリットがあります。副作用に関しては漢方などの対症療法が可能です。


02 GnRHアンタゴニスト

GnRHアゴニストが投与約2ヶ月目から効果が出るのに対し、投与して数日で効果が出る事が多いのが特徴です。GnRHアンタゴニストは内服薬なので、一度婦人科で処方をしたら、月経開始のときに患者様のタイミングで服用する事ができます。

また、3ヶ月分まで処方できるので通院が少なく済みます。副作用も比較的アゴニストより少なく、副作用があっても中止した後にすぐに改善されやすいなどのメリットがありますが、毎日服用する必要があるというデメリットがあります。副作用に関してはGnRHアゴニストと同様、漢方などの対処療法が可能です。


1ヶ月あたり料金比較(保険3割負担の場合)

薬品名詳細承認価格
GnRHアゴニストリュープリン®注射用キット1.88mg先発品月6,400円程度
リュープロレリン酢酸塩注射用キット1.88mg後発品月4,700円程度
GnRHアンタゴニストレルミナ®錠40mg先発品のみ月8,000円程度

[当院取扱いのもの]※2022年11月時点の薬価

手術による治療

妊娠を希望する場合

子宮筋腫は手術での治療法もあります。将来、妊娠を希望する人や子宮を全部摘出することに抵抗のある人向けの治療法です。

01 子宮筋腫核出術

子宮筋腫核出術

子宮を残し、子宮筋腫だけを取り除く手術法です。子宮を残すことで取り除けなかった筋腫が大きくなったり、 再発したりするケースがあり、再び治療が必要な場合があります。


02 子宮鏡下子宮筋腫核出手術

子宮鏡下子宮筋腫核出手術

まず、子宮内を液体で膨らましスペースを作り、子宮鏡を膣から挿入します。子宮腔内をモニターに映し出し、子宮腔内の筋腫などを凝固切開装置で摘出する手術です。腟からの手術のため、お身体に傷が残ることはありません。


妊娠を希望しない場合

将来、妊娠を希望しない方や、既に閉経された方などに向いている治療法です。

01 子宮鏡下子宮内膜焼灼術(MEA)

MEAは子宮内からマイクロ波を子宮内膜へ照射して筋腫や腫瘍を壊死させる治療法です。MEAは他の手術法とは異なり、切らずに治療を行えるので、お身体への負担の軽減も期待できます。

また、月経時の出血量や腹痛にも高い効果があります。しかし、手術をして子宮筋腫自体を取り除くわけではないので、症状が再発する事もあります。


02 子宮全摘術

子宮を全て摘出します。子宮筋腫だけでなく様々な月経時のお悩みが改善されます。


03 子宮動脈塞栓術(UAE)

開腹せずカテーテルを用いて手術を行う治療法です。大腿動脈から子宮動脈までカテーテルを挿入し、塞栓物質を注入します。そうすることで子宮筋腫・子宮腺筋症を栄養とする動脈を防ぐことが可能になり、症状の改善に繋がります。しかし、手術をして子宮筋腫自体を取り除くわけではないので、症状が再発する事もあります。

子宮筋腫のよくある質問

Q

子宮筋腫の症状って?

A

無症状の場合が多いです。


症状が特に現れていない場合がほとんどですが、月経痛や血の塊が混ざったりしている場合は子宮筋腫の可能性が高いです。定期的な検査で経過を見ていく必要があります。また、出血により顔色がわるくなったり、立ちくらみや、下腹部の違和感、腰痛などの症状を引き起こします。

Q

筋腫の形成される場所で症状は変わる?

A

変わります。


形成場所によって少し異なりますが、7割の患者様が筋層内に形成される筋腫で、主な症状は過多月経です。

Q

子宮筋腫の場合、妊娠・出産ってどうなの?

A

子宮筋腫が小さい場合には妊娠・出産は可能です。


子宮筋腫が小さく、症状が現れていない場合は妊娠や出産は可能です。筋腫が原因で不妊や流産につながるケースがあるので、妊娠初期の段階で膣内を超音波検査します。そうすることで早期に治療を始められ、流産のリスクを軽減できます。

Q

子宮筋腫って悪性化しますか?

A

しません。


子宮筋腫は良性の腫瘍です。時間の経過により悪性化することは基本的にありません。

Q

妊娠と子宮筋腫核出術はどちらが先?

A

症状がない場合には妊娠していただいても大丈夫です。


子宮筋腫に症状が現れていない場合は、妊娠していただいても問題がございません。子宮筋腫が大きい場合や、過多月経などの症状がある場合、先に治療を勧められます。

子宮筋腫かも?とお悩みの方へ

GYNメディカルグループでは、これらの治療法の中から患者様のライフスタイルやご希望に応じて、選択させていただきます。

月経のある間は治療しても再発する方が多く、確立された予防法はありません。素敵なライフスタイルの維持のために定期的な診察を受けていただくよう推奨しております。

  • 子宮筋腫の種類は3種類
  • 無症状の場合が多いので定期的な検診をおすすめ 
  • ライフスタイルに合わせ、投薬と手術による治療法がある 
子宮筋腫かも?とお悩みの方へ

病気や症状で探す